トップページ > 建設コンサルタントの紹介

建設コンサルタントの紹介

 皆さんは建設コンサルタントという業種をご存知でしょうか。
 建設コンサルタントとは国土交通省の建設コンサルタント登録規定に基づいて登録された企業
 で、建設技術を中心とした社会資本の開発・防災・環境保護等に関する計画・調査・設計業務
 を中心に行うサービス業
です。

建設コンサルタントの歴史

 明治以降のわが国の公共事業は、内務省や農林省の技術者により設計から施工まで一括で
 行われてきました。昭和30年代高度経済成長期になると公共事業の急速な拡大により、
 民間の技術力の活用が必要となり、建設コンサルタント制度が整備され、さらに昭和34年には
 建設省から「設計・施工分離の原則」が通達されたことにより、設計業務の受注者は
 当該設計に関わる工事の 入札に参加することができなくなりました。これにより、
 「設計を建設コンサルタント企業が行い、施工は総合建設業(ゼネコン)が行う」という流れが
 明確になりました。

公共事業の業務フロー

スライド1

建設コンサルタントの仕事内容

 我々建設コンサルタントは、社会資本整備のための調査・計画・設計の業務を行うとともに、
 建設工事が計画・設計どおり行われているかといった施工管理まで行っております。
 業務分野は、道路・交通、河川・港湾・空港、上下水道など、殆どのインフラに跨っており、
 高い技術力で地域の暮らしを支えています。
 また、現在は高度経済成長期に整備された多くのインフラの老朽化の対策が課題となって
  おり、各種インフラの老朽化の点検や効率的な修繕計画の策定といった維持管理分野の業務が
 増加傾向にあります。

当社で行っている建設コンサルタント業務の一例

道路分野

 道路計画、予備設計、道路詳細設計、交差点設計、道路構造物設計、道路防災点検 など

構造物・コンクリート分野

 道路橋や歩道橋、水路橋の基本計画に基づく調査、比較設計、詳細設計、解析
 橋梁の長寿命化計画に基づいた調査、診断や補強計画 など

河川・砂防分野

 河川、砂防、急傾斜に関する調査・計画・設計

農業土木分野

 農業農村地区や中山間地区等における農業施設の調査・計画・設計 など

維持管理分野

 法面、橋梁、トンネル・河川構造物等の点検、長寿命化計画策定 など

その他の分野

 上下水道、工業用水道、公園、都市計画、施工管理 など

調査分野

 交通量調査、騒音振動調査 など

  業務実績はこちら
 

参考リンク集

 建設コンサルタンツ協会の各支部のホームページに、建設コンサルタントという業種について
 分かりやすく説明しているコーナーがありますので、参考にしてください。

 (一社)建設コンサルタンツ協会
 (一社)建設コンサルタンツ協会 九州支部
 (一社)建設コンサルタンツ協会 北陸支部

お問い合わせ

上へ戻る