font-family: 'Noto Sans JP', sans-serif; font-family: 'Noto Serif JP', serif;

CREATE.A. FUTURE

わたしたちは社会インフラ整備を通じて鹿児島の未来を創っています

Community-based comprehensive construction consultant since 1968

新着情報

永年勤続表彰を行いました。

永年勤続表彰を行いました。

弊社は6月10日で創立54周年を迎えました。 毎年、5年毎に在籍した社員を対象に永年勤続表彰を行っております。 54年の間に沢山の社員に支えられ、今があります。 表彰を受けられた方の中にはしばらく産休で職場を離れる社員もいます。 また元気に職場に戻ってきて力を発揮していただきたいものです。...

詳しく見る
創立54周年を迎えることが出来ました。

創立54周年を迎えることが出来ました。

弊社は6月10日をもちまして創立54周年を迎えました。 これもひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝いたしております。   このたび54周年を迎えることができましたのは、地域の多くの皆様やお客様に支えられ 皆様のご指導とお力添えのおかげと深く感謝しております。  ...

詳しく見る
鶴翔高等学校 企業ガイダンスに参加しました。

鶴翔高等学校 企業ガイダンスに参加しました。

約2年ぶりに阿久根市にある鶴翔高等学校で行われる企業ガイダンスに参加致しました。 建設コンサルタント業界にとっては業界を知ってもらう機会でもあると同時に弊社を知ってもらう機会でもあります。 昼食後ということもあり眠気が襲う時間でもありましたが、一人も寝ることもなく(笑)...

詳しく見る
鹿児島県交通被災者たすけあい協会に50万円の寄付をしました。

鹿児島県交通被災者たすけあい協会に50万円の寄付をしました。

  4月19日付けの南日本新聞朝刊で弊社の社会貢献活動が掲載されました。 弊社は、社会貢献活動のひとつとして、4月18日鹿児島県交通被災者たすけあい協会に50万円の寄付をしました。 弊社専務が感謝状を受け取り「交通被災者の生活が改善される一助となればと思っています。」と語りました。...

詳しく見る
西郷隆盛ゆかりの地に公園整備(建設新聞記事)

西郷隆盛ゆかりの地に公園整備(建設新聞記事)

西郷隆盛ゆかりの地に公園整備(建設新聞記事) 建設新聞に西郷隆盛のゆかりの地で知られる龍郷町小浜地区にある弊社が設計に関わった公園整備の記事が載りました。 整備はこれからで広場やステージ、東野などが設けられるようです。 完成したら是非見に行ってみたいです。    ...

詳しく見る
あやまる岬観光公園にサイクル列車リニューアル開通しました!

あやまる岬観光公園にサイクル列車リニューアル開通しました!

弊社で令和2年にリニューアル設計させていただいたあやまる岬観光公園のサイクル列車が3月19日に開通しました。 奄美新聞、南海日日新聞には地元保育園児が笑顔で乗車している様子も紹介されています! 奄美大島の皆さんや観光客の方々、多くの方に楽しんでいただきたいと思います。...

詳しく見る
親睦会総会を開催しました。

親睦会総会を開催しました。

毎年恒例の親睦会総会を開催致しました。 令和3年度の活動報告などの発表がありその後、少し贅沢なお弁当をいただきました。 いつもならその後は歓迎会なのですが… コロナ禍ということもあり、今年も中止に… 残念です。...

詳しく見る

私たちの役割り

社会インフラの整備

社会にはさまざまなインフラがあり、皆様が日常使用している道路、鉄道、上下水道、学校、病院、公園などがあります。
その社会インフラは高度経済成長期に作られたものが多く、2012年12月に中央自動車道の笹子トンネルにて天井が崩落した痛ましい事故が起きました。インフラの老朽化によるもので、社会インフラの修理、改築が日本全体の喫緊の課題ともなっています。

社会インフラを守る

日本は世界の中で見ても災害の多い国でもあります。
2011年3月の東日本大震災、2016年4月の熊本地震、2018年9月の北海道胆振東部地震、新燃岳、御嶽山の噴火、台風や大雨など上げれば沢山あります。
鹿児島県でいえば、平成5年8月豪雨が大きな災害でした。鹿児島県はそれを教訓に激特事業で河川・護岸改修工事を行い、昨今のゲリラ豪雨でも河川が氾濫しづらい河川となっています。
我々は発注者より依頼を請け、橋梁やトンネルの点検、災害の測量設計など公共事業を通じて社会資本整備、社会インフラを守る役割を担っております。

事業内容

調査・測量・計画・設計の側面から、国や県、市町村のパートナーとしてプロデュース

社概要

長年に渡り安全・安心確保のためのインフラ整備を信念に地域に密着した事業を展開

鹿児島土木設計株式会社は、地域密着型の総合建設コンサルタントとして、昭和43年に創立しました。
鹿児島県内の建設コンサルタント業界の中でも歴史が古く、長年、安全・安心確保のためのインフラ整備を信念に基本計画、測量、設計、調査、施工管理、メンテナンスまでのすべての工程に技術力を注ぎ地域に密着した事業を展開しています。

 代表取締役ご挨拶

 会社案内

 経営方針

 弊社の取り組み

技術案内

私たちは、地域を守り地域の未来図を創造するプロフェッショナル集団

近年では、これまでの事業に加え、地震や大雨などの多発する自然災害に対する防炎・減災対策、過去、整備されてきた社会インフラの老朽化対策などの新たな大きな課題に新しい発想での設計や技術、マネジメント力が求められており、顧客のニーズに応えるべく日々技術力の研鑽向上に努めています。

 有資格者数

 表彰実績

黒之瀬戸大橋

業務実績

「顧客の満足度100%を目指す」を品質方針に掲げ、丁寧で充実した成果品の作成に取り組んだ弊社の実績の一例をご紹介します。

  

2023年新卒採用情報

鹿児島土木設計は、自分の思い描いたものを形にすることができる社内環境です。
そして、自分の設計した構造物が形となって次世代へと残していくというやりがいのある仕事です。
一緒に鹿児島の未来を創りましょう。

 

マスコットキャラクター「かどくん」

キャッチコピーである
「地域の未来図を創造する」をコンセプトに、地球をモチーフに、測量ポールを手にし元気で親しみやすいキャラクターです。

 

鹿児島土木設計株式会社創立50周年記念動画

会社の歴史から会社概要・事業内容・施工実績まで鹿児島土木設計の全てお分かりいただけます。
YouTubeにて公開しております。
ぜひご覧ください。